病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

ストレスから病気なる人は多いです。一人で抱えずに、おしゃべりをしてストレスを解消することです。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

病気予防におしゃべり

病気予防におしゃべりが良いと聞いても、にわかには信じられないかもしれません。最近では、携帯電話の普及によってあまり見かけなくなりましたが、一昔前は街のあちこちで井戸端会議をしている女性をよく見かけました。今でもたまに見かけますが、よくあんなにも話すことがあるなと感心してしまうほど、長々と話をしています。無駄な時間を過ごしていると思う人もいるかもしれませんが、このおしゃべりにこそストレスを解消する力があり、心を安定させると言う大きなメリットがあるのです。ストレスは現代人の健康を蝕むものとして認識されています。ストレスを原因として十二指腸潰瘍や胃潰瘍になる人はとても多いです。

ストレスを上手に発散させて、心をできるかぎり軽くしておくことが、病気の予防にもなるのです。ストレスをを抱えると一人になりたくなると言う人もいますが、人間は一人で悩みや不安を抱えると孤立感を感じやすくなり、より不安感が大きくなると言う悪循環に陥ってしまいます。ですから、誰にも会わないとなるとストレスを解消することはとても困難になります。しかし、おしゃべりをして不安や悩みを口に出すことによって気分が楽になることは多いです。

関連キーワード