病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

胃潰瘍などの病気の原因の1つがヘリコバクター・ピロリ菌です。感染のリスクを低下させるためにも除菌が効果的です。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

病気の原因の1つであるヘリコバクターピロリ菌とは

病気には様々な原因がありますが、今、注目を集めている原因といえばヘリコバクター・ピロリ菌です。ピロリ菌の感染は、胃潰瘍などの消化性潰瘍の原因とされています。ピロリ菌に感染していると、胃の粘膜の障害を引き起こします。この障害によって、胃の痛みやむかつき、胸焼けなどの症状がでます。さらには胃がんなどを引き起こす原因とも言われています。

ピロリ菌は日本人の約60%の人が感染しているといわれていますが、その全ての人が胃潰瘍や胃がんになるわけではありません。しかし、胃がんになった人を調べてみると全ての人にピロリ菌がいたと言われています。すなわち、ピロリ菌が直接的な原因ではないにしても、他のストレス、食事などの外的な要因と合わさって、胃がんになりやすい環境になっていると言えます。そのため、現在症状がなくても、ピロリ菌に感染しているとわかるとピロリ菌の除菌を行うことが多くなっています。ピロリ菌の除菌には薬が効果的です。薬を1週間飲むことで多くの人が除菌できます。

胃の痛みなど症状がある人は、一度病院に行ってピロリ菌がいるとどうかを検査してもらうとよいでしょう。胃がんになるリスクを低下させることができます。

関連キーワード