病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

かぜは誰でも一度はかかったことがある病気でしょう。かぜを治すには。水分、栄養をしっかりとって安静にしましょう。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

かかりやすい病気であるかぜの治し方

病気の中でも多くの人がかかったことがあるのが、かぜでしょう。かぜは正式にはかぜ症候群といいます。かぜは、細菌やウイルスに感染することによって起こります。元気なときは感染しても何も症状がでないことが多いですが、免疫力が低下したときに感染してしまうと様々な症状を引き起こします。鼻水、咳、喉の痛み、熱、頭痛、くしゃみ、筋肉痛などの症状があります。しかし、多くの場合は数日もするとよくなってしまうため、かぜを軽視している人が多いでしょう。しかし、かぜは万病のもととも言われています。かぜをこじらせてしまうと、気管支炎、肺炎、中耳炎などを引き起こす可能性があり注意が必要です。

かぜを引いてしまったら、早く治す必要があります。まず、安静にするようにして下さい。次に、熱による汗や下痢などにより、体の水分が失われるため水分をしっかりとりましょう。スポーツドリンクが吸収が早く、体にはよいです。また、熱によりエネルギーを消耗するため、エネルギーを補給することも必要です。食欲がないことが多いと思いますが、消化のよいおかゆ、スープ、うどんなど食べられそうなものを少しずつでも食べるようにしましょう。また、かぜを予防することも大事です。うがいや手洗いはもちろん、免疫力を下げないためにも規則正しい生活を心がけましょう。

関連キーワード