病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

気管支ぜんそくという病気の名前を聞くと、子供がかかるものというイメージをお持ちの方が多いでしょう。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

気管支ぜんそくという病気について

子供に多い病気に気管支ぜんそくがあります。気管支ぜんそくは小さい子供がかかりやすい病気ですが、大人になっても続いたり大人になってから初めて発病することもあります。気管支ぜんそくとは気管支に炎症が起こることで空気の出し入れがスムーズにできなくなるものです。全く症状が現れないときもありますし、発作として起こることもあります。ぜんそくという病気は見た目だけでは判断できないものですね。実はぜんそくを持っていると聞いて初めて分かることもあるでしょう。気管支ぜんそくを起こす原因はさまざまですが、ハウスダストや小麦粉などが原因となって起こったり、食べ物が原因になることもあります。

風邪薬や解熱剤を服用してぜんそくが起こることも珍しくありません。完全に原因が分かっていないというのが現状です。気管支ぜんそくの症状についてチェックしてみましょう。症状の程度には差があり、軽いものから重いものまでさまざまです。呼吸の度に胸の中でぜーぜーという音がすることが特徴的です。また、日によって症状が変わることもあります。急激に走ったりタバコの煙を吸ってしまったりと、ちょっとしたことがぜんぞくの発作に繋がります。ぜんそうをお持ちの方は日常生活での注意も必要です。

関連キーワード