病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

アナフィラキシーという病気の名前はテレビなどで一度は見たことがあるでしょう。どのような特徴があるのでしょうか?

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

アナフィラキシーという病気について

アナフィラキシーという病気の名前は、テレビなどで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?アナフィラキシーはアレルギー症状によって全身の血管が拡張することもある危険な病気です。アナフィラキシーが起こる原因は、食べた物や薬、虫が持つ毒等があります。わずかな量でもアナフィラキシーショックが起こる場合もありますし、口内異常感や寒心、じんましんといった症状が起こることもあります。アナフィラキシーショックを起こすときは、血圧が急激に低下してショック状態になったときを差します。原因となる抗原を見つけるのは難しいですが、医師が問診しながら原因を突き止めていきます。

アナフィラキシーショックが起こったときの対処法としては、血管や気道を確保するため筋肉内注射を接種します。さらにステロイド静脈内投与を行う場合もあります。確かな治療法は確立されていないため、原因となっている抗体を知ることから始めなければなりません。原因さえ判明すれば、自分なりに予防することができるでしょう。突然体中にじんましんが起こった場合は、アナフィラキシーを疑った方がいいかもしれません。全身症状としてはかゆみと赤みのある発疹が現れますし、口の中が腫れることもあります。

関連キーワード