病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

難病として指定されている病気はいくつもあります。そのうちミトコンドリア病について確認してみましょう。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

難病に指定されている病気とは?

人間かかかる病気は数多くありますが、その中でも原因が不明で治療方法も確立されていない病気を難病といいます。治療を続けていれば完全に治るという病気ではないため、患者自身だけでなく家族にも負担が掛かります。精神的にも経済的にも負担になる難病ですが、どのような種類があるのでしょうか?平成21年に難病として指定された病気にミトコンドリア病というものがあります。ミトコンドリアというと学生の時に理科の授業で出てきた記憶があるでしょう。人間の体内にある細胞に存在し、エネルギーを作り出します。重要な役割を果たしているミトコンドリアが機能しなくなったり活動が低下すると、体の中であらゆる弊害が起こってしまいます。

筋肉細胞のミトコンドリアに異常が起これば、運動機能が低下して体が動かしにくくなってしまいます。他にもミトコンドリア病による症状は多く、平成21年から難病指定されています。症状は程度の軽いものもありますし、重症化するものもあります。もちろん日本だけでなく海外でも多くの症例があります。生活習慣病のように気をつけていたら掛からないという病気ではありません。男性女性や年齢に関わらず、誰にでも発病するリスクはあるのです。

関連キーワード