病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

肥満によって、高血圧や糖尿病になり、それが原因で死に至るようなさまざまな病気が引き起こされます。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

肥満がもたらす病気とは

肥満というのは、さまざまな病気をもたらすその主たる原因になると言われています。肥満というのは、放っておくと死のリスクを高めるものであり、早めの治療が必要な、それ自体一種の病気であると言っても良いでしょう。

肥満によってもたらされる病気はさまざまありますが、それは肥満が病気の温床になりやすいさまざまな原因を抱えているからです。肥満はまず高血圧をもたらします。高血圧は、またさまざまな死に関わる病気をもたらします。高血圧の原因をたどっていくと、それは肥満に行き当たることが多く、したがって肥満を解消することが高血圧をも解消し、したがって病気のリスクをも軽減されるのです。高血圧によってもたらされる病気の代表と言えば、心筋梗塞や脳梗塞が挙げられるでしょう。いずれも死の転帰をとる高リスクの病気ですので早めの対処が必要です。それから肥満は、血糖値の上昇を引き起こします。血糖値が高い状態が長く続くと、インスリンを分泌する機能が低下して、糖尿病になります。糖尿病はそれ自体には何ら自覚症状はありませんが、その自覚症状のなさがまた厄介なのです。糖尿病は多くの合併症を引き起こすので、死に至ることもありますし、また失明などの恐れもあるのが闘病尿の怖いところです。

関連キーワード