病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

糖尿病は自覚症状のない病気です。その罹患者は意外に多く、死に至ることもあるので早めの治療が必要です。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

糖尿病は自覚症状のない病気

糖尿病というのは、インスリンを分泌機能が失われ、したがって人間の身体のエネルギー源である血中のブドウ糖を管理することができなくなって、エネルギーが臓器や筋肉にいきわたらなくなってしまう病気のことを言います。しかし糖尿病にもいろいろな種類があって、文字通りエネルギー源が吸収できなくなることによって全身が機能不全に陥ると言った類の糖尿病は、小児に発症するごく一部の場合しかありません。ほとんどが自覚症状のないものであると言われています。

自覚症状がないので、ついつい放っておかれがちなのが糖尿病という病気の特徴です。しかし、日本全国で、糖尿病の罹患者は、疑いを否定できないという段階のものをふくめると、2000万人を超えていると言われています。これは相当な数だと言わざるを得ないでしょう。それだけ糖尿病の人が多いのです。たとえ検査を受けて、糖尿病だと診断されても、自覚症状がないために放っておかれてしまい、また自分が糖尿病だと知らない人も相当数いるだろうと推計されています。糖尿病は、それ自体だと大きな病気ではないかもしれませんが、合併症を引き起こすと場合によっては死に至ることもある恐ろしい病気なのです。早めの治療を心がけるようにしましょう。

関連キーワード