病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

心筋梗塞は自覚症状のないまま発症することのある病気です。胸に激しい痛みがあればすぐに対応する必要があります。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

管理人のブックマーク・参考サイト

心筋梗塞という病気の症状

心臓は、人間が死ぬまで活動します。心臓はその機能を働かせることによって全身に血液を送り、体じゅうに養分やエネルギーを運ぶその大本なのです。したがって、当然心臓がその機能をやめたら、全身に血液が送られず、人間は声明を持続することができません。心臓の病気はとりわけ死の転帰をとりやすいものが多く、最大限の注意が必要なのです。

心筋梗塞という病気は、心臓病の典型と言えるでしょう。心筋梗塞という病気は、動脈硬化や血管に何らかの異常があって血栓ができた時に、心臓に血液を送る冠動脈が塞がれてしまい、心臓を動かす心筋が機能不全に陥り、心臓の動きを止めてしまうという恐ろしい病気です。動脈硬化などは高血圧によってもたらされますが、高血圧は自覚症状のない厄介なものです。心筋梗塞はしたがって、自覚症状のないまま突然その身に訪れることがある病気です。

心筋梗塞が発症すると、胸に強烈な傷みがもたらされます。それは焼けつくような傷みであったり、締め付けるような痛みであるようです。それが15分から30分くらい続きます。とにかく胸に激しい痛みを催すようなことがあれば、それは心筋梗塞の可能性があり、それこそ一分一秒を争うような迅速な対応が必要になります。

関連キーワード