病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

心筋梗塞は恐ろしい病気です。心臓を動かしている心筋の機能が不全に陥ることによってもたらされます。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

心筋梗塞という病気について

心臓は全身に血液を送るためのポンプの役割をしています。収縮と拡張を繰り返すことによって、血液を身体じゅうに送り出すことができるのです。心臓が収縮と拡張を繰り返し行うためには、心臓の筋肉が必要です。心筋とは心臓の筋肉のことであり、この心筋が正常に働くことによって、収縮と拡張がうまくいき、もとい身体じゅうに血が巡っていくのです。

心筋にも血管があり、そこから酸素や栄養を血液から取り込むことによって心筋は正常に働くことができます。この心筋の血管のことを冠動脈と言います。心筋梗塞という病気は、この冠動脈の血管に異常が起こった時に引き起こされる病気です。血管の異常とは、動脈硬化などで血流が悪くなり、心筋に的確に血液を送ることができない状況のことを言います。心筋に的確に血液を送ることができなくなるとどういう事態を引き起こすでしょうか。心筋は冠動脈から栄養を得ていますから、その冠動脈が機能不全に陥ることによって、心筋まで機能不全になってしまいます。心筋が機能不全になると、当然心臓の縮小と拡張運動もできなくなり、したがって心臓が機能不全に陥ります。つまり心臓が動かなくなって、止まってしまうのです。心臓が動かなくなってしまえば、もはや生きてはおけません。心筋梗塞は死に直結する恐ろしい病気なのです。

関連キーワード