病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

病気の中でも生活習慣病には特に注意が必要です。普段の生活から見直して予防をしっかりとしておきましょう。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

管理人のブックマーク・参考サイト

病気の中でも特に注意したい生活習慣病とは

病気はどんなものでも避けておきたいものですが、その中でも特に注意しておきたいのが生活習慣病です。生活習慣病は生活習慣が発症の原因として考えられるといわれる病気のことで、高血圧、糖尿病、がん、心臓病、脳卒中、高脂血症、肥満などがあげられます。以前は加齢によって発症すると考えられていたこれらの病気は、最近では食生活や喫煙、飲酒、運動習慣などの生活習慣が関わっていることが明らかになってきたのです。予防としてしなくてはいけないのが食事の栄養バランスをしっかりととること、食事の量は腹八分目にしておくこと、規則正しい睡眠、適度な運動、お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎに気をつけることなどがあります。またこれらに気をつけておくと共に定期的に検査を受けることによって生活や食事の指導を受けるというのが良いです。

同じ食事をとるのでもできれば魚料理を積極的にとるようにすると良いです。魚には血液をさらさらにしてくれるEPAやDHAが豊富に含まれています。特にイワシやサバはそれらを多く含んでいるのでおすすめです。あとは野菜、海藻、マメ、ダイズ類は食物繊維がたっぷりと含まれていますし、同じくたくさん含まれているビタミンやミネラルがガンや動脈硬化を防いでくれます。食事からかえていくことで病気にかかりにくい体に体質改善していきましょう。

関連キーワード