病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

特に最近では外出したときの紫外線やパソコンなどで白内障の病気が増えて外傷性や糖尿病の合併症として起きます

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

白内障の病気が起こる原因

現代の生活環境の影響で目の病気で悩む人が多いと思います。特に最近では外出したときの紫外線やパソコンなどで白内障の病気が増えています。白内障は目のレンズである水晶体そのものに異常が起きてしまいますのでメガネでは矯正できません。手術が必要でない場合は、点眼薬や内服薬などで病気の進行を遅くすることは可能です。一度濁った水晶体は元には戻りませんので、症状が進み生活に支障がある場合は手術をする必要があります。手術は濁った水晶体を摘出し、水晶体の機能を持つレンズで補うということです。今では直接目に埋め込む眼内レンズが主流になっています。眼内レンズは一度入れてしまえば、異物感などなく出し入れの心配もありません。

白内障は高齢者に多い病気ですが、最近では30代、40代でかかる人が増えているようです。例えばカメラでもレンズが濁っていたり、汚れていたら写りが悪くなります。目も同じで水晶体が白く濁ると視界がかすんだり、目の前がチラチラしたり、物が二重、三重に見えたりします。特に外出した際に太陽の明かりで反射して見えずらくなります。白内障には先天的なものから、外傷性のもの、糖尿病の合併症として起こる場合もあります。

関連キーワード