病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

肝臓の病気はいくつかありますが、生活習慣が大きく関わっている脂肪肝は改善に努めなければなりません。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

肝臓に関わる病気について

人間の体内にはいくつかの臓器が存在しますが、そのうち最も大きい臓器となるのが肝臓です。肝臓は生命活動を維持する上で重要な役割を果たしています。肝臓に関わる病気には脂肪肝や肝炎、肝硬変、肝臓がんなどがあります。どれも発病したくない病気ですね。早期に発見できれば治療も早く始めることができますが、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど自覚症状が少ないのです。そのため、自分で肝臓の異常を発見することが難しく、健康診断を受診して発見されるケースが多くなっています。肝臓はアルコールの大量摂取が良くないと言われていますね。アルコールを毎日飲む方は休肝日を作るように言われるでしょう。それだけアルコールの摂取をやめて肝臓を休ませなければならないのです。

メタボリックシンドロームと診断された方は、脂肪肝に注意が必要です。脂肪肝とは肝臓の中の細胞のうち1割以上を脂肪が占めている状態です。肥満や高脂血症、糖尿病などから脂肪肝が起こりやすく、放っておくとさらに重大な病気を引き起こしてしまいます。肝硬変を発病しないうちに改善に努めましょう。脂肪肝が起こる原因はいくつかありますが、それによって代謝性脂肪肝や内分泌性脂肪肝などの種類に分けられます。

関連キーワード