病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

風邪などの病気をした時には汗をかくことがいいのですが、お風呂などに入るのは控える方がいいです。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

風邪などの病気をした時にはお風呂は控える

これから寒い季節になり乾燥想もしてくると、風邪などの病気が流行ってきます。風邪をひいて熱が出てくると、安静にして汗をたくさん出していきたいものですが、なかなかちょっとくらいの風邪では、会社も休みにくいものです。しかし汗をかくということは、代謝があがってきて体内で病気と闘っている証拠になりますので、汗はたくさんかいていた方がいいといえます。しかし、だからといってお風呂に入ったりサウナに入って汗を流すことが、風邪の時には有効かというとそうではありません。ひとつはお風呂に入ったりする事によって、多くの体力を消費してしまい疲れてしまうからです。

お風呂では気持ちはさっぱりしますが、風邪などと戦っている体では、体力が無くなることが問題になるので注意が必要です。そしてお風呂などがいけないふたつ目の理由としては、湯冷めをしてしまい体に冷えを感じるようになると、風邪が悪化してしまうからです。風邪の時は汗をだしたとしても、お風呂は控えるようにした方がいいです。そういった時には、お湯につけたタオルなどを絞って、体を拭いたりする事でスッキリしますので、お風呂は控えるのが風邪をひいた時には賢明な判断となります。

関連キーワード