病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

秋に起こりやすくなる病気が肌の乾燥です。乾燥が進むとひび割れなどになるため、治りにくくなります。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

秋に起こりやすくなる病気に乾燥によるもの

夏と感じるのはいつか、秋と感じるのはいつかなどがあります。春や夏などは其の季節に咲く花のにおいで感じることがあります。秋に関しては金木犀のにおいがしてきます。住宅などでは柿の実がオレンジ色に色づいてきます。稲穂も黄色く色づき、すっかり稲刈りなどが済まされれば更に秋が深まったように感じることがあります。これらはどちらかと言えばいいことに関する気づきです。しかしあまり嬉しくないようなことでも秋を感じることがあります。

それは静電気です。金属の部分に触れるとパチっと電流が走ります。秋の終わりから冬にかけて徐々に乾燥が進んでいきます。すると病気としても症状が出てくることがあります。それが乾燥肌です。女性の場合炊事洗濯など水仕事が多くなります。水分がつくと潤いになると思いがちですがその逆です。水分が蒸発するときに一緒に体の潤いも吸い取ってしまうのです。ですから、水分がついたままにするのではなく、できるだけ拭き取るようにします。

乾燥しているだけならいいのですが、乾燥が進んでひび割れなどになるとなかなか治りにくくなります。其の手でまた水仕事をしないといけないので余計にしみることになります。できるだけ乾燥をしないように心がけます。

関連キーワード