病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

吐き気やむねやけが続く場合は、食道に関する病気の可能性もあります。逆流性食道炎とはどのような病気でしょうか?

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

逆流性食道炎という病気について

食べたものが逆流してくる感覚や吐き気を起こしやすいという方は、食道の病気を疑った方がいいかもしれません。食道に関する病気には、食道炎や食道潰瘍などがあります。食道粘膜が炎症を起こすと逆流性食道炎を発病することがあります。逆流性以外の食道炎もいくつかあり、薬物による薬剤性食道炎やカンジダ性食道炎、ウイルス性食道炎といった病気もあります。通常体の中では食べたものが自然に逆流することがない作りになっていますが、逆流性食道炎の場合はその機能に問題が生じたことで起こります。食道裂孔が見られ、胃排出能や食道粘膜の抵抗性などが関わっています。

ウイルス性の食道炎の場合は、ウイルスに感染したことで発病します。むねやけや吐き気が頻繁に起こり、胸が痛くなったり呼吸器に症状が現れることもあります。食道炎をの可能性がある場合は、内視鏡検査を受けましょう。吐き気やむねやけが必ずしも食道炎というわけではありません。内視鏡で食道の内部を検査しないと判断できないため、不快感があれば早目に医療機関を受診しましょう。食道炎が判明してもすぐに手術を受けるということはなく、薬を使って治療を進めていきます。出血が見られる場合は手術を受けて治療することになるでしょう。

関連キーワード