病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

体から出るものとして鼻水があります。病気の判断として、鼻水の色で行うことがあります。透明か黄色、緑などです。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

病気の判断として鼻水の色

体の多くは水分で出来ています。飲み物であったり食事などから水分を得ます。そしてそれが体の中で使われます。不要なものは排出され、古いものは新しいものと交換されたりします。よく見られる水分としては汗であったり尿になるのでしょうが、その他には唾液であったり、鼻水などが出てくることもあります。毎日出したりするので、色については気になることもあるでしょう。尿は夏に濃くなって、その他の季節は薄い色のこともあります。

急にそういった体の水分の色が変わった時は病気のサインであることがあります。出したものはあまり見たくないと思うかもしれませんが、それを見ることにより見つけられることもあります。常に出るものではありませんが、気になるものとしては鼻水があります。通常は少し粘性があるものの透明のものが多いです。昔の子どもであれば鼻の下に垂らしていることがありましたが、大人になればそういった人は少ないでしょう。適度に鼻をかみます。

かんだ時にはどのようになっているか、色や状態などを確認してみましょう。黄色っぽい、緑っぽいとなると何らかの炎症のことがあります。場合によっては膿が出ていることもあります。それ以外の症状も重なるなら病院に行くのがいいでしょう。

関連キーワード