病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

いつもと違う体臭を感じたらそれは体の異常を訴える病気のシグナルの可能性もあるんだそうです。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

体臭が教える病気のシグナル

人間には男女問わず必ず体臭というものがあります。暑い夏に汗をかいたりすると自分や他人の体臭がわかりやすくなると思います。加齢や食べ物などにおいの強弱の原因はさまざまあります。人それぞれによっても発せられニオイの種類もさまざま。一般的には汗をかいたり、不衛生な状態でいるとニオって来るものですが、実は病気が原因で特有の体臭が発せられてしまう事もあるんだそうです。臭いで病気がわかるなんてまさか、と思ってしまうかもしれませんが、いつも感じる体臭とは違うニオイがしてきたらなんらかの異常を訴える体からのシグナルの可能性もあるという事です。

独特のニオイの体臭を発する病気、代表的なものは糖尿病があります。病気が進むと甘酸っぱいようなニオイがするそうです。そしてさらに病気が進んでいくと今度はアンモニア臭に変わるんだそうです。また、糖尿病の場合は体臭を気にするだけなく口臭にも注意をしましょう。糖尿病になると口の中が乾いているので口臭が強くなる傾向があるんだそうです。他に体からどぶ臭い、カビ臭いニオイがしてきたら肝機能の低下が疑われます。暴飲暴食などで肝臓に負担をかけるとニオイを分解できずに血液中に取り込まれ結果、汗として排出されてしまう為です。

関連キーワード