病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

爪は健康のバローメーターと言われています。爪の健康チェックで体の病気のサインに気付く事が出来るようです。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

爪をチェックして病気のサインを知ろう

人間の体には自分の健康の状態がわかる目安になる便利なバロメーターがあります。それは爪です。爪の状態を見ることによってさまざまな病気のサインに気が付く事がができるんです。指先にある爪は目に入りやすい箇所なので病気のサインも気が付きやすいかと思います。一般的に健康な色は全体的に薄いピンク色をしています。この薄いピンク色は毛細血管が透けて見える為だから。この毛細血管の色が見えず、白っぽくなっている場合は貧血や肝疾患の疑いがあります。また、爪が反り返った状態になっている場合は鉄分不足のサイン。重い貧血状態になっている可能性があります。

また、爪が伸びるのが遅い人はいませんか?健康な状態だと爪は1日におよそ0.1ミリ伸びるといわれているんだそうです。爪が伸びるのが遅い、その原因は栄養不足です。偏った食生活をしていると爪が伸びる速度にも影響を与えてしまいます。最近、爪を切る頻度が遅くなったなと思っている人は、食生活の見直しをするように心がける事をおすすめします。爪が教えてくれる健康のサインはこのほかにも沢山あるようです。自分の爪を確認しながら、体のチェックをする事を日課にしてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード