病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

ストレスが体に与える影響は沢山あります。前向きな気持ちでいる事が病気予防につながると思います。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

ストレスフリーな生活で病気を予防しよう

気持ちの持ちようで病気がよくなったり重くなったりする事もある、という意味のことわざがあります。有名なことわざなのでご存知の方はたくさんいると思います。そう、それは「病は気から」ですよね。実はことわざと雖も、現代医学的にもとても的を得ている言葉なんですよ。心の状態が体の状態を左右するなんてほんとうかなと思いますが、心と体というのはとても密接な関係にあるんです。心が害を受けると人間は強いストレスを感じますよね。このストレスが人間の自律神経のバランスを崩してしまうのです。

常にストレスを抱えて自律神経のバランスが崩れた状態でいるとどうなってしまうと思いますか。疲れやすくなったり、眠れなくなったり、胃腸の機能が低下し食欲が落ちたり下痢や便秘になる事もあります。頭痛やめまい、手足のしびれなど、病状がでる時は複数あらわれる場合もあるようです。またストレスが体の免疫力を低下させてしまうことがわかっているので、やはり心の状態が体に与える影響力は大きいという事がわかります。病気になったら無理せず安静にする事は当たり前ですが、不安やストレスを抱え込まないで常に前向きな気持ちを保っている事が一番の特効薬なのかもしれません。

関連キーワード