病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

毎年流行するのがインフルエンザという病気です。症状の出方や検査の仕方についてチェックしてみましょう。

病気にならないために生活習慣に気をつけましょう

インフルエンザという病気について

ウイルス性の病気にインフルエンザがあります。毎年寒い季節になると流行するようになったインフルエンザですが、最近は季節に関係なく夏の暑い時期に流行することもありますね。インフルエンザにはA型とB型がありますが、毎年違ったウイルスが流行するため一度感染しても十分な免疫ができないのです。インフルエンザの特徴的な症状として挙げられるのは、急な発熱ですね。突然39度以上の高い熱が出ます。40度を超えることもあり早目に医療機関に行って診察を受け、薬を服用しなければなりません。高熱が出るため節々の痛みや頭痛なども起こりやすくなります。

咳や鼻水、喉の痛みなど風邪症状も見られます。インフルエンザで怖いのはインフルエンザ脳症です。また、気管支炎や肺炎を引き起こすケースもあります。急に高熱が出て医療機関を受診すると、初めにインフルエンザの検査を受けるでしょう。細長い綿棒のようなもので鼻の粘膜を取って調べます。ただ、この検査も発病してから数時間が経過しないと正確に判定することができないと言われています。また、検査で陰性であっても実際には陽性の場合もあるなど、検査結果が必ずしも100%ではないのです。インフルエンザと診断されたら安静を保つことが重要です。

関連キーワード